ソダシの次走は?これまでの成績や騎手についても詳しく解説!

ソダシのアイキャッチ

ソダシの次走や今後のローテーションについて

どうも。競馬戦線のボクです。

デビュー戦から4連勝を上げた”ソダシ”。

世界でも希少価値がある白毛馬として人気が集まっており、今非常に注目されています。

ソダシの画像2

そんなソダシの次走はいつなのか。

また、どのようなローテーションを組んでいるのか、などの最新情報をいち早くお届けします。

因みに、「ソダシってどんな馬?」。

という方々のためにもわかりやすく解説しますので、気になる方は最後まで読んでみてください。

ソダシの次走は?

ソダシの次走について、公式で発表されました。

 無傷4連勝で阪神JFを制し、白毛馬初のG1馬となった2歳女王のソダシ(牝3歳、栗東・須貝)は、桜花賞(4月11日・阪神)に直行することが3日、明らかになった。

 須貝師は「さすがに前走の後は疲れていたので、しばらくリフレッシュさせてあげたい。直行でも問題ないし、早めに帰厩させて、調整していこうと思っています」と語った。

次走は”桜花賞”

トライアルには出走せず、直行するようです。

レースは4月11日の15時40分。

今から非常に楽しみです!

ソダシの直近のレースについて

ソダシがこれまでに走ったレースをご紹介します。

彼女がこれまでどのような結果を残してきたのか。

直近のレースから順に御覧ください。

阪神ジュベナイルフェリーズ(2020年12月13日)

第72回阪神ジュベナイルフェリーズ(G1)。

単勝オッズ3.2倍で1番人気となったソダシ。

結果はコチラです。

ソダシの阪神JFの写真 ソダシの阪神JFの結果

接戦を制したのはソダシ!!!

トップを走っていたサトノレイナスに食いつくように、見事1着を勝ち取りました!

これでソダシは無敗の4連勝を達成。

更に・・・

史上初のG1を制した白毛馬がここに爆誕しました!!

今後の活躍に目が離せません!

アルテミスステークス(2020年10月31日)

第9回アルテミスステークス(G3)。

単勝オッズ3.5倍で1番人気となったソダシ。

結果はコチラです。

ソダシのアルテミスステークスの写真ソダシのアルテミスステークスの結果

余裕の1着入線!!

好スタートを切りトップを走っていたオレンジフィズの後ろにしっかりと付いてきていたソダシ。

最終コーナーの約400m付近で先頭に立ち、美しい馬体を踊らせるようにそのまま押し切りました。

札幌2歳ステークスに続き重賞連勝を飾りました。

札幌2歳ステークス(2020年9月5日)

第55回札幌2歳ステークス(G3)。

単勝オッズは4.7倍となり2番人気となったソダシ。

結果はコチラです。

ソダシの札幌2歳ステークスの写真ソダシの札幌2歳ステークスの結果

レコードで重賞制覇!!

好位追走から直線で力強く抜け出して見事勝利。

白毛馬としては初となるJRA芝重賞制覇を成し遂げました。

騎手の吉田隼人選手は「ほっとしています。4コーナーで2着馬(ユーバーレーベン)が迫ってきて早めに動く形になったけど、よく凌いでくれた」とコメント。

須貝調教師も「強かった。やばい。これ人気出ちゃうわ」と満面の笑みを見せました

2歳新馬戦(2020年7月12日)

函館競馬場で行われたソダシのデビュー戦。

単勝オッズは5.9倍となり3番人気となったソダシ。

結果はコチラ。

ソダシの2歳新馬戦の写真 ソダシの2歳新馬戦の結果

他馬を突き放して余裕のゴールイン!!

好スタートからを切り、道中は2番手でじっくりと我慢。

最後の直線で抜け出して圧倒的な差で1着となりました。

これまでにJRAの新馬戦で勝った白毛馬はマシュマロ、マイヨブランに次いで3頭目ですが、芝は初勝利。

この日からソダシは注目され人気が集まり始めました。

ソダシの専属騎手「吉田隼人」について

ソダシの専属騎手は吉田隼人。

どういった騎手なのか簡単に説明します。

生年月日 1983年12月20日(36歳)
所属団体 美浦
所属厩舎 フリー
平地初騎乗 2004年3月6日2回 中山1R
平地初勝利 2004年4月24日2回 東京3R
平地初勝利馬 スターオブアディラ(1着/15頭)

2019年度の勝利数ランキングでは5位となった有名ジョッキー。

2015年の有馬記念をゴールドアクターで制している実績を持ちます。

吉田隼人騎手は兄が現役騎手の兄弟ジョッキー。

兄に比べるとあまり表舞台に出ないイメージがあり、阪神ジュベナイルフィリーズが今年のG1レース初騎乗。

ソダシとのコンビでどこまで勝ち進むことができるのか。

今後に期待ですね!

ソダシの父クロフネが他界・・・

ソダシの父っであるクロフネが繋養先となる北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで老衰のため17日に死亡していたことがわかりました。

クロフネは父フレンチデピュティ、母ブルーアヴェニューのアメリカ産馬。

2000年10月に京都競馬場の新馬戦でデビューし、2戦目で勝利。

翌年のNHKマイルカップでGI初制覇を果たすと、この年から外国産馬の出走が認められた日本ダービーに駒を進め、5着となりました。

その後は出走枠の関係で当初予定していた天皇賞・秋への出走が叶わず、ダートの武蔵野ステークスへ矛先を向けると、古馬を相手に9馬身差の圧勝劇。

ジャパンカップダートでも先頭からそのまま押し切り、国内外のダート一流馬相手に7馬身ちぎって完勝。

同年のJRA賞最優秀ダートホースを受賞。

なお、ダートの2戦はいずれもレコード勝ちでした。

ダート戦での圧倒的な強さから海外遠征も決まっていましたが、2001年12月に右前脚屈腱炎を発症。

そのまま引退し、種牡馬入りとなりました。

数々の夢を与えてくれたクロフネのご冥福をお祈りします。

最後に

世界的にも珍しい白毛を持つソダシ。

走る姿が余りにも美しすぎて、ボクもファンになってしまいましたw

このまま勝ち進めればどんどん人気が集まっていくことでしょう。

記事の終わりにこの場を借りて、ボクからソダシと吉田隼人騎手にエールを送らせて頂きます。

まずは目先の阪神ジュベナイルフェリーズ(G1)を勝利。

そしていずれは、父クロフネの意思を受け継ぎ有馬や日本ダービーで活躍できることを祈っております。

ソダシ

ソダシの画像

日付 レース目 鞍上 着順
2020年12月13日 阪神ジュベナイルフェリーズ(G1) 吉田 隼人 1
2020年10月31日 アルテミスステークス(G3) 吉田 隼人 1
2020年09月05日 札幌2歳ステークス(G3) 吉田 隼人 1
2020年07月21日 2歳新馬 吉田 隼人 1

LINE公式アカウント始動

競馬戦線の”激アツ情報”を配信するLINE公式アカウントが遂に始動!

管理人のボクが「マジで稼げる予想」をテーマにお届けしています。

ボクが今まで自腹で検証し、「当たる・稼げる」事を証明してきた数々の予想サイト。

もちろんその調子にも波がありますが、それを挽回する力も持っています。

更に言うなら、その時に1番調子の良いサイトを知っていればコスパ良く稼ぐ事も可能です。

競馬戦線では”今”稼げるサイトをLINE公式アカウントに登録して頂いた方限定で配信!

厳選された予想の「最前線」をぜひこの機会にお試し下さい。

line-qr
LINE公式アカウント

ID検索「@676kvgtj」

※ID検索をされる方は、先頭の「@」から入力してください。

←QRコードで友だち追加の方はこちら。