義英真騎手が引退…。引退理由と今後の生活について

義英真のアイキャッチ

義英真騎手が引退…。引退の理由と今後の生活について調べてみた

どうも。競馬戦線の管理人ボクです。

JRA所属の騎手「義英真騎手」が10日を持って現役引退を発表しました。

今月の5日に開催された新潟6R騎乗の際に体重調整ができず、12日から11月の10日まで騎乗停止処分を受けていましたが、満了することなく馬場から離れることを決意したそうです。

ということで、今回は「義英真騎手」についてお話したいと思います。

どんな騎手なの?これまでの経歴は?

などなど。

義英真の事を知らない方も多いと思うので、どのような選手だったのか紹介しましょう。

義英真ってどんな選手?

まずは義英真騎手のプロフィールから紹介します。

義英真(満23歳)

義英真の画像

生年月日 2019年10月13日
初免許年 2014年
所属 栗東
初騎乗 2014/3/1 阪神1R
初騎乗馬名 リスペクトリス(7着)
初勝利 2014/3/2 阪神1R 
初勝利馬 サカジロヴィグラス

2014年3月1日に阪神1Rリスペクトリスで初騎乗。

翌日3月2日阪神1Rで騎乗したサカジロヴィグラスで初勝利を収めています。

同期には松若風馬をはじめ、小幡初也、小崎綾也、井上敏樹、石川裕紀人など、現在のJRAで活躍する選手がいます。

通算の勝利数は63勝。

重賞の勝鞍こそありませんが直近の騎乗では、中穴馬を馬券内に持ってきたり、勝利をもたらすこともある騎手でした。

そんな義英真がなぜ引退することを決意したのか。

理由は「モチベーションの低下」とされています。

直近の騎乗停止などを含めて思ったような騎乗が出来ない。

この他にも、我々では知ることの辛いことが多々あったのではないかと思われます。

義英真の人柄は?騎手仲間の関係性について

義英真の人柄はどうだったのでしょうか?

個人で更新しているSNSで幾つか気になる画像を見つけたのでご紹介。

画像は義英真騎手の引退パーティーの一部始終。

その他にも。

同期の松若風馬騎手や小崎綾也騎手とは仲が良いのでしょう。

本来ならライバルであるはずの3人ですが、それ以上に友人関係は築かれており、重賞制覇も心から喜んでいることがわかります。

人柄もよく、引退の経緯に人間関係は関係なさそうですね。

SNSには猫カフェでの出来事や、普段から食べているものを載せていたり、満喫しているように見えるだけに競馬界からの引退はとてもビックリしました。

仲間に悩みを打ち明けることはなく溜め込んで爆発してしまう。

人間関係を大事にしているからこその決断だったのかもしれません。

義英真のこれからについて

義英真は騎手を引退してどうするのか?

ニュースなどでは「飲食店を経営する」と報じられていました。

「現場には出ないけど顔は出したい」などとも公言しているので、お店がオープンしたら一度足を運んでみたいですね。

最後に、義英真元騎手へ。

お疲れさまでした。

騎手引退は本当に残念ですが、今後の人生に悔いを残さないためにもやりたいことに全力で取り組んでもらいたいです。

今後も応援しているので頑張ってください。