【アドマイヤビルゴ】6億で落札?!今後の活躍について徹底解説!

アドマイヤビルゴのアイキャッチ

【アドマイヤビルゴ】6億で落札?!今後の活躍について徹底解説!

どうも。競馬戦線の管理人ボクです。

今回は話題の超高級新馬。

「アドマイヤビルゴ」についてお話したいと思います。

アドマイヤビルゴ

生年月日 2017年01月27日
性別
ディープインパクト
イルーシヴウェーヴ
調教師 友道 康夫
馬主 近藤 旬子
生産者 ノーザンファーム

セリでの落札価格は6億2,640万円。

ディープインパクトの産駒の中でも落札価格No.1となるほどの値が付きました。

歴代の取引価格ランキングでは2位となり、かなり注目が集まっています。

なぜ、6億円ほどの値がついたのか・・・。

競馬戦線のボクがアドマイヤビルゴの取引価格が高くなった理由今後どれほどの結果を残す事ができるのかについてお話しようと思います。

アドマイヤビルゴを全く知らない方のためにもわかりやすく説明しますので、最後まで読んでいただければ幸いです。

アドマイヤビルゴの血統がすごい!

母は欧州の名牝イルーシヴウェーヴ。

日付 レース名 着順
2010年08月01日 アスタルテ賞(G1) 3
2010年05月01日 ミュゲ賞(G2) 5
2009年08月02日 アスタルテ賞(G1) 2
2009年06月19日 コロネーションステークス(G1) 4
2009年05月10日 フランス1000ギニー(G1) 1
2009年04月10日 インプルーデンス賞(G3) 1
2008年10月05日 マルセルブーサック賞(G1) 2
2008年08月23日 カルヴァドス賞(G3) 1
2008年07月14日 ロランドシャンブル賞(L) 1

現役時代にイギリスで活躍し、2歳で重賞を制すとG1でも2着と好走。

勢いはとまらず、3歳になってからも初戦のG3を快勝。

続けて、G1フランス1000ギニーで戴冠を遂げました。

その後は、勝ち星こそ無いもののG1レースで上位に収まる程の好成績を収めています。

そんなイルーシヴウェーヴに日本の最強馬ディープインパクトを配合。

6億2,640万円の値がつくレベルの血統とは思えませんが、活躍できる可能性は充分秘めています。

アドマイヤビルゴはクラシック3冠狙える?!

アドマイヤビルゴは現在、所属する友道厩舎でデビューへ向けて調整されているようです。

その様子について、トラックマンが伝えました。

「アドマイヤビルゴは、小さなサイズの馬で、たしかにコンパクトな体つきをしています。それでも、スタッフの評価は高く、『小さいけど、バランスはいい』とのこと。気性は多少きついところもあるようですが、『ここまでは順調に仕上がっている』と、スタッフの方は話していました」

 うまく調整は進んでいるようだが、デビュー戦のプランはどうなっているのだろうか。先述のトラックマンが続ける。

「デビュー戦については、1月3週目あたりをメドに考えているようです。兄姉もデビューが遅く、この血統はゆっくりと成長していくタイプなのでしょう。実際、『体の成長は遅めで、まだ幼さを感じる』とスタッフ。距離適性については、『1600m~2000mのイメージ』と話していました」

馬体が小さいですが、バランスは良く順調に仕上がっているようです。

スタッフから見たアドマイヤビルゴの距離適性は1600〜2000m。

アドマイヤビルゴの兄弟の中で、”特に体の成長が遅い”という点で似ているサトノソロモンは2000〜2200mを得意としています。

これらのデータから推測できるのはアドマイヤビルゴが得意なのは中距離の2000m前後。

実際に走ってみたら違う・・・なんてこともあり得るので一概には言えませんが、可能性は充分高いと思います。

アドマイヤビルゴの生涯のライバルはこいつ!

アドマイヤビルゴの最初に狙うG1は皐月賞。

現在活躍しており、皐月賞に出走すると予想されているのはこの2頭。

コントレイル

コントレイル

アドマイヤビルゴと同じくディープインパクトの産駒。

デビュー戦を軽々と勝利し、そのまま東京スポーツ杯2歳ステークスを制覇。

更には、G1ホープフルステークスで圧倒的な速さで快勝。

これらの活躍により、最優秀2歳牡馬と認定されました。

故障などのトラブルがなければ、皐月賞を目指すのは間違いありません。

おそらく、鞍上はホープフルステークスの時と同じ福永祐一騎手となるでしょう。

サリオス

サリオス

ハーツクライから血を受け継いだ競走馬。

デビュー戦から猛威を奮い、G1朝日杯FSを制覇しました。

コントレイルに匹敵する強さ秘めています。

コントレイルとの直接対決はまだないため、どちらが強いかは不明。

唯一わかるのは皐月賞の競馬場と距離の経験。

皐月賞は中山競馬場の2000m。

サリオスは中山競馬場の経験がないだけではなく、出走した全てのレースが1600m。

対してコントレイルは、中山競馬場のホープフルステークスで2000mを経験しています。

この差は大きいでしょう。

朝日杯FSの鞍上だったムーア騎手が皐月賞の前に短期騎手免許を取得することができれば、皐月賞の鞍上もムーア騎手になる可能性が高そうです。

※簡単に稼ぐ方法がココにある※ 

「予想しても全然当たらない」

「お金が減るだけでつまらない」

不満を感じたことはありませんか?

ハッキリ言わせてもらうと・・・

お金が勿体ない!!

競馬はお金を増やす為に投資するもの

ボクが実際に馬券を購入して試した
競馬予想サイトを使ってみてください

的中率・回収率No.1

アドマイヤビルゴの今後の活躍!

アドマイヤビルゴの得意な距離はおそらく2000m前後。

予定しているデビュー戦は1月19日京都6Rの新馬戦(1800m)。

距離は問題ないので期待は充分ですが、予想通りの結果とならないのが競馬というもの。

デビュー戦で良い成績を残すことができれば、皐月賞への出走に一歩近付きます。

更に、皐月賞でコントレイルやサリオスを凌ぐことができれば、次に目指すのは日本ダービー。

「まだデビューすらしていないのにそれは言いすぎでしょw」って思うかも知れませんが・・・。

マジでありえると思います。

アドマイヤビルゴの兄弟の中でも特徴が似ているサトノソロモンは、デビュー戦を見事に快勝。

それから京都新聞杯を3着と好成績を収めました。

その他に目立った活躍はありませんが、アドマイヤビルゴは馬体のバランスが良いことも含め6億2,640万円で落札したのですから、サトノソロモン以上の活躍は見込めるでしょう。

活躍できるかわからない馬に6億円を出すほど馬主も馬鹿ではありません。

きっと、アドマイヤビルゴは活躍できるという確信があったからに違いないでしょう

因みに、デビュー前の追いきりで鞍上が武豊騎手だったことから、主戦騎手になる可能性が出てきました。

武豊騎手は2019年度の勝利数ランキングで3位、今年の活躍もかなり期待できます。

デビューから3連勝となれば、武豊騎手が主戦騎手となる可能性が高くなるでしょう。

あとは、アドマイヤビルゴ自体の強さ次第。

アドマイヤビルゴは今後どれほどの活躍を見せてくれるのか・・・非常に楽しみです。

アドマイヤビルゴ 新馬戦は見事に快勝!(2020年01月19日更新)

2020年1月19日、京都競馬場で行われた3歳新馬戦。

勝利したのは1番人気のアドマイヤビルゴでした!

adkekka

最終コーナーで外に出ながらも1着で入線。

全力を出し切ってなんとか勝利した印象でした。

武豊騎手は「内容は強かったし、乗り味・バネは『いかにもディープ産駒』という感じ」とコメント。

ツイッター上は、アドマイヤビルゴだけではなく武豊騎手を称える声も上がっていました。

話題になりすぎて一時的に「アドマイヤビルゴ」というキーワードがツイッターのトレンド入り!

6億円で落札した馬ですからね・・・皆気になるわけだw

まだ成長段階ですが、まずはダービーを目指して頑張って欲しいところ。

次走はまだ未定ですが、今後ますます大きな注目が集まる事になるでしょう。

アドマイヤビルゴ 次走は弥生賞ディープインパクト記念か?!(2020年01月22日更新)

3歳新馬戦で見事に勝利を収めたアドマイヤビルゴ。

次走は3月の阪神以降になると2020年1月22日に公式発表されました。

19日京都の新馬戦(芝1800メートル)で初陣を飾ったアドマイヤビルゴは、近日中に放牧に出る。2017年のセレクトセール当歳で国内競り史上2位の5億8000万円で取引され、デビュー前から注目を集めていた。友道調教師は「下見所から落ち着いていて、思った以上にお利口さんだった。(武豊)ジョッキーは『現時点ではいうことないけど、まだ2歳秋くらいの感じ』と。放牧でいい成長をしてくれれば。(次走は3月の)阪神以降のレースになると思う」と語った。

ディープインパクトの栄誉を遺すため皐月賞の王道トライアル弥生賞を「弥生賞ディープインパクト記念」に改名しました。

アドマイヤビルゴが皐月賞を目指すことも含め、次走はおそらく「弥生賞ディープインパクト記念」になる可能性が非常に高いです。

父の名前がついたレースに出走とは・・・なかなか感慨深いですね。

ディープインパクトの主戦騎手だった武豊騎手は「そこはぜひとも乗りたいですね。そして勝ちたい。初代優勝騎手になりたい」とコメント。

”絶対に負けられない戦い”となるでしょう。