【クリソベリル】次走はサウジCに確定!!気になる鞍上は?!

kuri002

【クリソベリル】次走はサウジCに確定!!気になる鞍上は?!

どうも、競馬戦線のボクです。

今回は無敗の6連勝を遂げ、評価が急激に上がっている競走馬。

「クリソベリル」についてお話したいと思います。

クリソベリル

生年月日 2016年2月10日
性別
ゴールドアリュール
クリソプレーズ
調教師 音無 秀孝 (栗東)
馬主 キャロットファーム
募集情報 一口:14万円/400口
生産者 ノーザンファーム

2019年のチャンピオンズCを制したクリソベリルが2020年1月29日にサウジCに選出され、正式に招待を受諾したことが発表されました。

昨年度の最優秀ダートホースのクリソベリル(牡4歳、栗東・音無)と、ゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田)が29日、1着賞金約11億円のサウジC(2月29日、キングアブドゥルアズィズ)に選出され、招待を受諾した。2月13日からともに美浦で検疫を行い、同19日に出国する予定。

 2頭はドバイワールドC・UAE・G1(3月28日・メイダン)の招待も受諾。前者の鞍上はサウジCがスミヨンで、ドバイワールドCは未定。後者はいずれもルメールとなる見込み。

2020年1月25日にクリソベリルがサウジCに招待されたというデマ情報が流れていましたが・・・

マジで招待きましたねw

日本の最も高い1着賞金でも「ジャパンカップ」と「有馬記念」の3億円。

しかし、サウジCの1着賞金は約10億6,000万円。

桁が違うwww

総賞金の約21億2000万円の半額が1着賞金となり、残る半額が2~10着に割り振られます。

もちろん出走するのは世界から集まる強豪馬ばかり。

更に、日本とは馬場や空気までもが違うので一筋縄ではいかないでしょう。

そんな状況の中、クリソベリルは次走のサウジCで好走できるのか・・・。

そこで、競馬戦線のボクがクリソベリルがサウジCで上位に絡めるのか、どのようなレース展開になりそうなのかについて詳しく解説していきたいと思います。

クリソベリルについて知らない方のためにもわかりやすく紹介していますので、よかったら読んでみてください!

サウジCってどんなレース?

続いて、サウジアラビアカップについて詳しくご紹介したいと思います。

開催場所はサウジアラビアの首都リヤドにある、キング・アブドゥラジズ競馬場で行われます。

サウジカップ競馬場

正式なレース名は「THE SAUDI CUP(ザ・サウジカップ)」

今年から開催されるレースで第1回目。

コースはダートの1,800mで以下の特徴があります。

  • 1周2,000mのオーバル型周回コース
  • 直線400mで長め(中京競馬場くらい)
  • コース幅24m
  • 平坦なフェアトラック
  • パウダリーで後跳ねしにくい土質で汚れず走りやすい

直線が長いので、追い込み馬が有利になりそうですね。

逆に先行馬は、最終コーナー付近で減速してしまうようでは勝ち目はないかも知れません。

1着の賞金は約10億6,000万円。

2着でも賞金約3億7,000万円が与えられます。

賞金の対象は10着まであるので、なんとしても10着以内には絡みたいですね。

クリソベリルってどんな馬?

父はG1フェブラリーステークスを制したゴールドアリュール

母はジャパンカップを制し、凱旋門賞で2着と好走したエルコンドルパサーから血を受け継いだクリソプレーズ

馬名の由来は、宝石の金緑石からで、母馬の名前でもあるクリソプレーズからの連想されました。

日付 レース名 騎手 着順
2019年12月01日 チャンピオンズC(G1) 川田将雅 1
2019年09月23日 日本テレビ盃(G2) 川田将雅 1
2019年07月10日 ジャパンダートダービー(G1) 川田将雅 1
2019年05月02日 兵庫チャンピオンシップ(G2) C.ルメール 1
2019年03月02日 3歳500万下 川田将雅 1
2018年09月17日 2歳新馬 川田将雅 1

デビューから1着に入線し、その勢いでジャパンダートダービーを制覇。

そのまま日本テレビ盃を勝利し、敗北を知らないままチャンピオンズカップを制覇しました。

現在無傷の6連勝中。

今後がかなり期待されています。

兵庫チャンピオンシップでは、乗り替わりでC.ルメール騎手が鞍上でしたが、問題なく勝利しているので、適応力にも長けています。

コース適性はダートの1800〜2000m。

サウジCとはの相性バッチリです。

クリソベリルの鞍上はスミヨンに決定!

今回クリソベリルの鞍上を務めるのは主戦の川田騎手ではなく、フランスを代表するトップジョッキーのスミヨン騎手に決定。

スミヨン

2019年のエリザベス女王杯をラッキーライラック鞍上で見事勝利。

同年の有馬記念ではサートゥルナーリアを2着に導くなど数多くの活躍を見せたスミヨンジョッキー。

2019年のJRAにおける成績は94戦19勝75敗。

勝率は約20%を叩き出しています。腕前が確かなのは間違いないでしょう。

しかし、ツイッター上ではこの乗り替わりに不満を抱くかたが数多くいました。

主戦騎手の川田将雅ジョッキーに乗って欲しかったのが本音ですが・・・。

騎手には選択権がなく、馬主に従うしかないので仕方ありません。

とはいえ、スミヨン騎手が任される程の実力があるのは確かなので、乗り替わりによる弱体化は無いと思います。

クリソベリル自体も兵庫チャンピオンシップで乗り替わりがあったにもかかわらず、しっかりと結果を残せているので不安はないでしょう。

サウジCで注目されている競走馬を紹介!

サウジCに出走予定の中で、最も注目されている2頭をご紹介します。

まず、最も人気の高いマキシマムセキュリティ

マキシマムセキュリティ

アメリカ生まれの競走馬。

G1は4戦中3勝。

日付 レース名 騎手 着順
2019年12月07日 シガーマイルH(G1) L.サエス 1
2019年07月20日 ハスケル招待S(G1) L.サエス 1
2019年05月04日 ケンタッキーダービー(G1) L.サエス 17
2019年03月30日 フロリダダービー(G1) L.サエス 1

主な勝鞍はフロリダダービー(G1)です。

ケンタッキーダービーでも1着入線したのですが、降着によって17着と大敗。

アメリカ3冠競争の1つケンタッキーダービーを実質勝っていたと考えれば実力はクリソベリルと同等、またはそれ以上の強さを持っているかもしれません。

そして、次に注目されているのはマッキンジー

マッキンジー

こちらもアメリカの競走馬。

G1は9戦4勝。

日付 レース名 騎手 着順
2019年11月02日 BCクラシック(G1) J.ロザリオ 2
2019年09月28日 オーサムアゲインS(G1) M.スミス 2
2019年08月03日 ホイットニーS(G1) M.スミス 1
2019年06月08日 メトロポリタンHC(G1) M.スミス 2
2019年04月06日 サンタアニタHC(G1) M.スミス 2
2018年12月26日 マリブS(G1) M.スミス 1
2018年11月03日 BCクラシック(G1) M.スミス 12
2018年09月22日 ペンシルベニアダービー(G1) M.スミス 1
2018年09月22日 キャッシュコール(G1) M.スミス 1

大敗したのは3歳時に出走したBCクラシックのみ。

ドバイワールドカップに並ぶ競争で昨年は2着と好走しているので、今回のサウジカップでも馬券内に絡む可能性が非常に高い競走馬です。

以上の2頭はまだ直接対決をしていないので、どちらが強いかがわかりません。

しかし、G1の勝率は見ての通り非常に高いので、サウジCでも上位の着順は堅いかもしれません。

※簡単に稼ぐ方法がココにある※ 

「予想しても全然当たらない」

「お金が減るだけでつまらない」

不満を感じたことはありませんか?

ハッキリ言わせてもらうと・・・

お金が勿体ない!!

競馬はお金を増やす為に投資するもの

ボクが実際に馬券を購入して試した
競馬予想サイトを使ってみてください

的中率・回収率No.1

クリソベリルは次走のサウジCで勝つことができるのか?!

結論から言うと・・・

ワンチャンありそうw

マキシマムセキュリティやマッキンジーの他にもG1を何度か勝利している強豪馬ばかりいます。

しかし、クリソベリルもその土俵の1頭。

6連勝で敗北を味わったことがないので、強さが計り知れません。

懸念点があるとすれば、海外の競馬場ということ。

移動のストレスや馬場の違いで本来の力が発揮できないかも知れません。

めちゃくちゃ見に行って応援したいところですが・・・流石に遠すぎるw

さて、クリソベリルはサウジCで活躍できるのか。

当日が楽しみです。