【スワーヴリチャード】引退で種牡馬入り?!理由や経緯を詳しく解説!

suwa003

【スワーヴリチャード】引退で種牡馬入り?!理由や経緯を詳しく解説!

どうも。競馬戦線の管理人ボクです。

今回はスワーヴリチャードについてのお話したいと思います。

スワーヴリチャード

獲得賞金 8億9,132万円
通算成績 19戦6勝
主な勝鞍 2018年大阪杯、2019年有馬記念
主戦騎手 M.デムーロ
近親馬 ナンヨーカン、バンドワゴン

2018年の大阪杯、2019年のジャパンカップを制覇したスワーヴリチャードがなんと、2020年1月28日に引退を発表しました。

 18年大阪杯、19年ジャパンCとG1、2勝を挙げたスワーヴリチャード(牡6歳、栗東・庄野)が引退することが28日、庄野師から発表された。29日付で競走馬登録を抹消する。

 昨年の有馬記念で12着に敗れ、レース後に鞍上が下馬。「残り800メートルでマーフィーが違和感を覚えて無理をしませんでした。レース後、2週間ほどして右飛節に腫れと痛みが出始めました。幸い大事には至っておりませんが、(選出されていた)ドバイシーマクラシックを見送り、オーナーサイドと協議の結果、現役を引退することが決まりました」とトレーナーは経緯を説明した。通算19戦6勝(うち重賞5勝)。今後は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬になる。

突然すぎる・・・。

理由は右前足による故障。

つまり、これ以上走れる状態ではなくなってしまったということです。

目標としていたドバイシーマクラシックに出走できなくなってしまったのは非常に残念ですが、足が悪い状態でよく最後まで頑張って走ってくれました。

それにしても違和感に気づいたマーフィー騎手・・・

まじでナイス判断。

もし、スワーヴリチャードの違和感に気付くことができなければ、予後不良となっていた可能性も少なからずはあるでしょう。

大事に至る前に引退できたのは不幸中の幸いでした。

スワーヴリチャードが引退してしまうので過去にどれほど活躍していたのかについて振り返りつつお話したいと思います。

スワーヴリチャードについて知らない方でもわかりやすく記載してますので読んでみてください。

【スワーヴリチャード】血統や競走成績を紹介!

母はピラミマ。

アメリカの馬で、日本で2度出走を試みましたが2レースとも惨敗。

そのまま繁殖馬になりました。

父はハーツクライ。

無敗だった伝説の最強馬ディープインパクトに国内で唯一土を付けた競走馬です。

そんな2頭から産まれたスワーブリチャードはデビュー戦から2着で好走。

その後、G3のレースを制し、様々なG1レースに出走しました。

スワーヴリチャードの主な競争成績はこちら。

日付 レース名 鞍上 着順
2019年12月22日 有馬記念(G1) O.マーフィー 12
2019年11月24日 ジャパンC(G1) O.マーフィー 1
2019年10月27日 天皇賞・秋(G1) 横山典弘 7
2019年06月23日 宝塚記念(G1) M.デムーロ 3
2019年03月30日 ドバイシーマクラシック(G1)
J.モレイラ 3
2018年11月25日 ジャパンC(G1) M.デムーロ 3
2018年10月28日 天皇賞・秋(G1) M.デムーロ 10
2018年06月03日 安田記念(G1) M.デムーロ 3
2018年04月01日 大阪杯(G1) M.デムーロ 1
2017年12月24日 有馬記念(G1) M.デムーロ 4
2017年05月28日 日本ダービー(G1) 四位洋文 2
2017年04月16日 皐月賞(G1) 四位洋文 6

皐月賞は惨敗。

次走の日本ダービーでは好成績を残すものの1着には届きません。

しかし、主戦騎手をM.デムーロ騎手に変更し、競合馬の多い有馬記念を4着。

更にその後、大阪杯を1着で入線し初のG1勝利を果たしました!

2018年大阪杯

それから様々なG1レースに出走しましたが、馬券内に絡めるもののなかなか勝利を収めることができません。

乗り替わりを繰り返し、2019年のジャパンカップはO.マーフィー騎手が鞍上で1年半ぶりのG1勝利を果たします。

2019ジャパンカップ

次走の有馬記念ではO.マーフィー騎手がスワーヴリチャードの違和感に気付いたことにより無理をさせないように流したため12着で敗退。

G1レースの成績は12戦2勝10敗。

2回しか勝利できていませんが、馬券内に絡んだのは7回。

大敗が少なく、安定した成績を残しています。

2019年の有馬記念もスワーヴリチャードの状態が良ければ、馬券内に絡んでいてもおかしくなかったでしょう。

【スワーヴリチャード】世間の反応は?!

スワーヴリチャードが引退することについて、世間の声を調べてみました。

引退を惜しむ声ばかりと思っていましたが、感謝しているコメントでもちきり。

もちろん、ボクもその一人です。

ジャパンカップでスワーヴリチャードを信じて的中したときは鳥肌が立ちました。

因みに、この時ツイッターで「スワーヴリチャード」という単語が多くつぶやかれ、トレンドに入るほどの話題になりました。

しかし、世間が感謝しているのはスワーヴリチャードだけではありませんでした。

有馬記念でスワーヴリチャードの違和感に気づいたマーフィー騎手です。

あのまま無理に走らせていたらと思うと・・・ゾッとしますね。

勝ちにこだわらず大切に扱ってくれたマーフィー騎手には感謝してもしきれません。

本当にありがとう。

※簡単に稼ぐ方法がココにある※ 

「予想しても全然当たらない」

「お金が減るだけでつまらない」

不満を感じたことはありませんか?

ハッキリ言わせてもらうと・・・

お金が勿体ない!!

競馬はお金を増やす為に投資するもの

ボクが実際に馬券を購入して試した
競馬予想サイトを使ってみてください

的中率・回収率No.1

スワーヴリチャード 引退に一言

記事の終わりにこの場を借りて、ボクからスワーヴリチャードへメッセージを送らせて頂きます。

強気にまくって押し切った大阪杯。

内を突いて差しきったジャパンC

どちらも印象に残る最高のレースでした。

特に、ジャパンカップで舌をベロンベロンにしたまま勝利した姿は本当に大好きですw

制覇できなかったダービーや有馬記念は産駒に託しましょう!

本当にお疲れさまでした!お体に気をつけて。

スワーヴリチャード

スワーヴリチャード2

生年月日 2014年03月10日
性別
ハーツクライ
ピラヤマ
調教師 庄野 靖志 (栗東)
馬主 NICKS
生産者 ノーザンファーム
セリ取引価格 1億6,740万円